仮想通貨ビットコイン取引所coincheck(コインチェック)とは?

coincheck(コインチェック)とは?

仮想通貨ビットコイン取引所coincheck(コインチェック)とは、東京都渋谷区恵比寿にあるコインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所です。

coincheck(コインチェック)運営会社概要

・商号

コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck,inc.)

・住所

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2丁目7−3 いちご恵比寿西ビル4F

・設立

2012年8月28日

・社員数

18名 (2017年1月末時点)

・資本金

9,200万円

・代表取締役

和田晃一良

・取締役

和田圭祐 大塚雄介

・加入協会

一般社団法人 日本ブロックチェーン協会 監事
一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会 正会員
一般社団法人FinTech協会 会員

ビットコインとは / Bitcoinとは

ビットコインは、中本哲史(サトシ・ナカモト)を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された仮想通貨です。極めて低いコストでの決済を平均10分程度待つことにより可能にするとされています。なお、権力機関や特別な権限を持つ発行者はいません。また、支払いの際に売買間の電子的な記録や履歴は存在しない代わりに、買い手は公式トランザクションログ、blockchainの更新を要求します。ビットコインの数には限りがあり、多くの人がビットコインが価値のあるものだと信じれば、それだけ価値が上がり、無いものとみなせば価値が下がります。

ビットコイン取引所(Bitcoin Exchange)とは

ビットコイン取引所は、ビットコインを買いたい人と売りたい人が取引する場所(プラットホーム)です。取引所での取引はオークション形式が採用されており、買い手と売り手にそれぞれ売買価格を提示してもらい、オーダーブック(板)が形成されています。また、取引所が指定する口座にお金を振込むことで、ビットコインを購入することもできます。

取引所手数料について

仮想通貨ビットコイン取引所coincheck(コインチェック)が提供するビットコイン取引所では、ユーザーが出した注文が約定するごとに取引手数料が発生します。手数料体系はメイカーテイカーモデルを採用しており、取引所に流動性を供給するメイカーには発生した手数料を取引所から払い戻し、テイカーから手数料を徴収いたします。また、ユーザーの過去30日間の取引高によって取引手数料が変わります。詳しくは取引所手数料についてをご覧ください。

メイカー / テイカーとは

メイカーは注文板上に指値注文を先に提示し、取引所に流動性を供給したユーザーを指します。テイカーその指値に対して対当させるため、成行注文を提示することで供給された流動性を利用したユーザーを指します。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンは分散型のコンピューターネットワークです。ブロックチェーンはビットコインとの関係性を示す際によく分散型台帳と表現されます。これまで、全てのトランザクション(取引)は銀行や全世界に決済システムを提供するVISA、MasterCardなど、第三者が管理する機関を通して行わなければならないものでしたが、ブロックチェーン技術を使うことにより、この第三者機関を通さずにトランザクションを成立させることができるようになりました。一度データがブロックチェーンに書き込まれたら、そのデータを変更することはできない、という特徴があります(ただし、許可型ブロックチェーンはこれに当てはまりません)。

【運営者のコメント】
仮想通貨ビットコイン取引所coincheck(コインチェック)を運営しているコインチェック株式会社は、東京都渋谷区恵比寿にちゃんと実在している会社です。会社概要ページからGoogleマップで住所を検索する事が可能です。やはり、自分のお金を扱う訳ですから、どんな会社が運営していて、どんな人が管理しているのか気になるのは当然だと思います。こちらの会社はきちんと実在している企業なので安心して利用させて頂いています。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

読まれているコインチェックの使い方

PAGE TOP